中古のキャンピングカーを買う時の選び方は?中古2台買った私が解説。

「キャンピングカーは高いわぁ~!」

「新車だと700~2000万円程度たっかぁ~~!」

「そんな高っかいキャンピングカーなんて普通かわれへんで!」


キャンピングカーの中古を購入し、キャンピングカー所有の夢を叶えたhanahiroです。

hanahiroはキャンピングカー歴9年で2台キャンピングカーを乗り継いでます。

その2台ともが中古車なんですよ。


キャンピングカーショーなどに行って値段を見ると、「以外と安いやん。」

と一瞬思ってしまいますが、税金・登録費用・オプションを考えると一機に金額が上がります。

やっぱ普通のサラリーマンじゃ~!キャンピングカーって夢やねって思います+゚(。pдq)+゚


そうなると新車じゃなくて「中古のキャンピングカーへ目を向けてしまうのでは?」

そこで、今回は

  • 「中古のキャンピングカーって実際どうなん?」
  • 「中古のキャンピングカーはトラブルはないの?」
  • 「中古のキャンピングカーを買ってみた感想は?」
  • 「じゃ~中古のキャンピングカーを買う時の注意点は?」
  • など、キャンピングカーの中古車の購入の検討・新車は買えないけど中古車だったら手がでそう!

    中古車購入に色々と頭を悩ませているあなたの為に、詳しく実体験から中古車のお話をさせて頂きます。


    まずは、私が実際に購入した2台の中古車の金額のお話からしたいと思います。


    hanahiroが実際に購入した中古のキャンピングカーのお値段は!

    私が購入した2台は

    バンテックのZIL3

    バスコン(コースター)ワンオフ(個人自作)

    では、ここからは各車両の条件と購入金額についてお話致します。

    バンテックZIL3の中古購入金額は!

  • 購入金額460万円

    キャンピングカーの条件及び装備

    排気量    2500CC ディーゼル
    駆動     4WD
    落ち年数   5年
    走行距離   25000km
    装備  

  • サイドオーニング
  • トイレ
  • シャワー
  • 90L冷蔵庫
  • 2000Wインバーター
  • サブバッテリー115×2
  • プロパンガス
  • テレビ
  • DVDデッキ
  • ウィンドーエアコン
  • 発電機収納BOX
  • 電子レンジ
  • 色々と装備ついてますよね!

    でも赤文字の装備はほとんど使っていない!や使えない!でした。

    では、少し装備を使わなかった理由についてもお話致します。

    豪華装備のキャンピングカーの装備は不要な物が多い

    hanahiroの個人的見解ですが、最初のキャブコンで不要装備と感じた理由をお話致します。

     サイドオーニング

    サイドオーニングはキャンプ場のみ使用できます。

    現在バスコンを乗ってキャンプ場にも行きますが、タープを張った方が広いしやすい。

    私個人的にはオーニングはいらないので、その分金額を安くしてくれる方がうれしいです。


    トイレ

    トイレは賛否両論あるとおもいます!

    私の場合は妻から「使わんとって!」とお達しがでたので使わなかったです。

    道の駅で車中泊の時にトイレまで行くのは少し面倒かな・・・!

    なんておもいますが、慣れてしまいました。

    なのでバスコンにはトイレ設置していません。


    シャワー

    シャワーは必要ないです。

    シャワーを使おうとすると、それだけ水を積まないといけません。

    それと、水のタンク内を見たのですが、黒カビがぁ~~きもぉ~~!

    こんな所に入っていた水でシャワーできます?

    ガスコンロ・冷蔵庫のプロパンガス

    現在プロパンガスの充填は厳しくなってまして!

    個人で充填お願いしてもしてくれません。

    なのでプロパンは邪魔な場所を取るだけの存在です。

    冷蔵庫は直流DC冷蔵庫は消費電力も少なく良く冷えてくれるのでサブバッテリーで十分対応可能です。


    ウィンドエアコン

    電気不足で使えなかったです。

    外部電源で家のコンセントから繋げてみたのですが、今一つ調子がわるい!

    結果として少し使った事がありますが、現在のバスコンに取り付けた

    セパレートエアコン(家庭用エアコン)の方が安定して動いてくれてます。

    もちろん電源は外部電源か発電機から供給しています。

    サブバッテリーでは容量不足となってしまうので!


    発電機収納BOX

    Zil3には、発電機収納BOXがあり、そしてウィンドーエアコンがあったので発電機を購入しました。

    でも、バッテリーをBOX内に入れて発電機を動かすと!

    前面のパネルと発電機の排気音が共鳴して「ポンポン」うるさくてつかえませんでしたね。

    それと、吸排気が弱くて発電機がオーバーヒートしてしまうのです。

    つまり発電機も結果としてほとんど使えなかったのです。



    電子レンジ

    最初のキャブコンの電子レンジはウィンドーエアコンと同じで、電源が・・・!

    発電機BOXの騒音問題のせいでほぼ使えず!

    でも、この電子レンジの教訓のお陰で、2台目のバスコンでは安定して使えてます。


    色々と書きましたが、結果この体験が2台目のバスコンを自作するのに必要な知識となりました。

    装備はあたな自身で考えて必要か?不要か?を事前に決める事ができれば

    ムダに高いキャンピングカーを買わずにすむと思います。

    バスコン(コースター)の中古購入金額は!

    購入金額288万円でした!

    ZIL3を転売したのですが、450万円で購入し4年程乗り295万円で売却

    これにより追い金無しで購入決定です。

    なぜ?ZIL3が高額で転売出来たのかと言うと。

  • ディーゼルの4WDでウィンタースポーツ好きにアピールできる
  • 2500CCで以外と燃費がよい!
  • バンテックなのでネームバリューがあった!
  • こんな感じと思います。

    なので、もし、新車でキャブコンを購入検討をされているのであれば

    4WDでディーゼルであれば転売は良いと思いますよ。

    もちろん事故しない事が前提条件ですけどね。

    では、バスコン(コースター)の購入時の条件なんですが

    排気量   4008CC
    駆動    2WD
    落ち年数  8年
    走行距離  168000km
    装備

  • 1000Wインバーター
  • 24Vサブバッテリー105
  • ルーフベント
  • ヘッドランプHID
  • へッドランプの顔つきが新タイプに変更
  • 運転席助手席レカロシート
  • ボディー全面塗装 ホワイト→グレー
  • こんな感じの状態で購入したのです!


    最初のZIL3からした、装備はとてもシンプルになりました。

    それは、ZIL3でトイレ・シャワー等、hanahiroには必要でない装備がついていないのでOK

    ただ、車内レイアウトが気にいりません。

    なので、自分で内装やり直しの覚悟をして購入となりました。

    自作後付け装備及び改善点

  • 発電機収納BOX作製
  • セパレートエアコン(家庭用エアコン)の取り付け
  • 電子レンジ取り付け
  • キッチン作り直し
  • シート取り外して乗車定員 8名→5名に構造変更
  • 電装装置位置変更
  • ここまでして、現在乗っています。

    では、次に中古のキャンピングカーを購入してどうだったのかお話しますね。

    中古のキャンピングカーってどうなん?トラブルは?

    中古のキャンピングカー2台乗り継いで感じた事は!

    絶対にトラブルがあります!

    ZIL3のお話でも使えない装備の事はお話した通りなんです。

    装備されていても、自分が思い描いているような感じでは使えない事が多いんですよね。

    それと、雨漏りも!



    ですが、やはり安くキャンピングカーを購入できるのは、とても魅力的ですよね。

    キャンピングカーを新車で購入して、そのローンを返済する為にお金が無くて、お出かけできない!

    なんて事になると本末転倒じゃないかな!と私は感じますね。

    そういう意味でも中古のキャンピングカーはとても重要じゃないかと私は思います。


    中古のキャンピングカーは基本的にトラブルがある!と思って購入してください。

    2台目では、それを理解していたので、トラブルが起こっても車的なトラブル。

    エンジン・足回りではなかったら問題無し!と私は考えています。

    では次は、キャンピングカーを購入してからの感想をお話致します。

    中古のキャンピングカーを購入した感想は?

    買ってよかったと思います。

    決して負け惜しみとかでは無くて。

    hanahiroは子供が産まれるまえからキャンピングカーを持ってました。

    子供は小学生になりましたが、いまだにキャンピングカーでの旅行を楽しみにしています。

    キャンピングカーの旅行で旅育が出来ていると感じますよ。



    それと、貧乏なりにキャンピングカーで旅行しているので、ストレスが掛からない程度に旅費も節約してます。

    その結果、hanahiroは料理をするようになりました。

    冷蔵庫に作り置き食材を持って行き食費を浮かす為に。


    あと、2台目は自作で内装しているのですが、そのおかげでDIYもするようになってきて人生変わってきてます。

    キャンピングカーを購入する事で自分の出来る事が広がってきてますよ。

    もし、あなたも自分で何かして少し前に進むと楽しいと感じるはずです。

    なので、そんな事も一つ考えながら中古のキャンピングカーを探すと、探す幅がとても広がります。

    中古のキャンピングカーを買う時の注意点は!

    可能であれば、必要な装備と不要な装備が「ハッキリ」わかれば一番いいです。

    これだけは!という装備が、後で自作で取り付け可能であれば自分で行うのもアリ!

    後、hanahiroは自分のブログで色々とお話して私の感想ですが、キャブコンは怖い!

    その理由は下記を読んでください。

    申訳ないですが、あくまでhanahiroの考えとして読んでくださいね。



    こんな理由でバスコンに乗り換えました。

    中古でキャンピングカーを購入する場合は、装備不具合に対して何処まで保証、修理してくれるのか?

    を確認する事が大切です。

    [char no=”3″ char=”hanahiro”]

    hanahiroの2台目のコースターの販売業者はノークレームノーリターンの条件でないと売れないと私は言われました。[/char]

    後、どうしても雨漏りが気になるのであれば、雨の日に現車確認すると手っ取り早いですね。

    中古のキャンピングカーは早い物勝ち

    あなたも中古車を探すのはネットではないですか?

    中古車は早い物勝ちなので、欲しいビルダーや装備が、車両がハッキリしていれば

    ここが大切!毎日ネットで探しましょう。

    毎日、見ていると変化がわかったり、相場がわかったり、何より一番先に見つけないと取られます。

    それに、毎日見ていると、自分の好み選びたい物もはっきりしてきます。


    私はZIL3も バスコンコースターも1年以上検索して悩んで購入したキャンピングカーです。

    [char no=”3″ char=”hanahiro”]コースターの場合はUPされた当日に見つけて、一番初めに連絡したのが私。

    その後すぐ数件問合せがあったそうです。

    私が一番先にお話させてもらったので、私が現車確認するまで他の方はSTOPかけてくれていました。[/char]

    なので、自問自答しながら毎日検索すると、あなた好みの1台にめぐりあえます。

    まとめ

    中古のキャンピングカーは絶対にトラブルがある!

    沢山装備品があっても使えない装備がいっぱい有ったり、雨漏りがしたり。

    装備不具合の場合どこまで保証してくれるのか?を確認する事が大切。

    ただ、私の1台目を転売する際には装備確認もせずに査定が出たので

    業者では不具合装備が有っても基本対応してくれないと思っていた方が良い!

    大手ビルダーの認定中古車は別ですけどね。


    中古のキャンピングカーは早い物勝ち!

    ネット検索は毎日見て自分好みの1台を見つける事が大切。

    毎日ネット検索する事で、相場や新しい中古車を他の人よりも早く見つける事が出来て手が打てる。


    自分でDIYを考えキャンセルピングカーを探すと検索の幅が広がる。


    キャンピングカーは、前オーナーの性格がそのまま出ている事が多くて

    その上乗用車のようにメンテナンス後に売る事が少ないと、私は感じています。

    なので、車重視で購入した方が私は良いと感じてます。

    居住空間及び、電装部品、雨漏りは何等かのトラブルが発生すると考えて購入しないと

    キャンピングカー自体を嫌いになってしまいますよ。

    キャンピングカーの本文である

    大切な家族を安心して、その人数がちゃんと寝れる車を見つける事ができたらいいや!

    ぐらいの感覚で探しましょう。

    2000万円もするキャンピングカーを見てしまうと理想を追いかけたくなりますが、結局のところ、家族が安心して楽しめたらいいんですよ!